SHIBUYA CENTER PD編集室 Final Cut Pro 【WKC-206/WKC-207/WKC-208/WKC-209/WKC-210】


渋谷センタースタジオではFinal Cut Pro PD編集室を5室ご用意いたしております。
各編集室のFinal Cutはセンターサーバーに接続され運用されております。

デジタイズ
Final Cutシステムのデジタイズと吐き出しは集中管理を行っております。
デジタイズの作業は予め予約をお願いいたします。
(作業時間)当日受付時間は9:00〜20:00になっております。
作業が込み合っている場合はこちらから出来上がる時間の指定をさせて頂く場合があります。
吐き出しの場合も同じ時間になっております。
作業スケジュールが緊迫している場合は予めお申し付け頂ければ、作業は予約時間に対応いたします。
デジタイズの流れ

素材テープを受付に渡します。
受付でデジタイズの時のリールナンバーやフォルダーの指定を伺います。
「ProRes(プロレズ)442」コーデックでデジタイズされます。
(素材テープの種類)
D5・HDCAM・HDPro・HDV・VHS・DVD
D5・HDPro・VHS・DVDのデジタイズはオプション料金が必要になります。
吐き出しの流れ

受付で収録用テープを受け取ります。
収録する準備を行います。(ルーターの設定によるVTR の選択)
準備が整い次第お客様に連絡をいたします。
収録作業はお客様でお願いいたします。
収録が終わり次第、お客様にテープを受付からお渡しいたします。
(収録テープの種類)
D5・HDCAM・HDPro(基本はHDCAMでお願いいたします。)
D5・HDProへの収録はオプション料金が必要になります。
HDCAMにHDDから吐き出しながらキャラ入りVHSやDVDが必要な場合。
VHSへの出力はリアルタイムが可能です。
DVDの場合は一旦HDDに取り込むため若干作業時間がかかりますが、複数枚必要な場合は1枚あたりの作業時間10分〜15分以内に複製が可能です。
(注意)Final Cutはプログラムの性格上、長い吐き出しの場合、途中で止まってしまう場合があります。VHSとDVDを同時に回した場合、継ぎ足し収録になることがありますのでご承知をお願いいたします。継ぎ足し収録を防ぐ方法はHDCAMに一旦全て吐き出してからの収録が確実になります。

機材リスト
Non-Linear system Final Cut Pro system Apple
VHS HR-DV5 Victor
BD/DVD
DMR-BR630V Panasonic
Monitor TH-32LZ85 Panasonic
Master Monitor HLM-1711WR Ikegami
Speaker MSP3 YAMAHA
4ch VU Meter VUM-A84 Yamaki

 WINK2 銀座スタジオ

 WINK2 渋谷センタースタジオ

 WINK2 西口スタジオ

 ニュースリリース

 技術者のご紹介

 レンタル

 ご利用にあたって

 アクセス

 お問い合わせ